RSS

2013年10月のエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • ブルガリアいろいろ

    旧共産主義国で、ソ連の影響を大きく受けていた東ヨーロッパ。小学校5年生の時にベルリンの壁が崩壊しているので、ソ連の崩壊や共産主義国の路線変更をニュースで見てはいるけれども、それがどれだけの大きさを持っていたのか、当時は意味がよく分かっていない、という世代です。でも勉強するにしたがって(主に社会人になってから)、現在を理解し、未来を考えるためには、東西冷戦や共産主義そのものを理解しなければ進めないな...

  • リラの僧院ツアー

    ブルガリア2日目!今日はソフィアでの唯一の観光と言ってもいいリラの僧院ツアー!ここで出会ったKちゃん、N姐さんと僕らと外国人さんお二人で行きます!ソフィアからは車で2時間弱の距離の山奥にある僧院。その歴史は900年代にまでさかのぼる。火事や戦火による破壊にも、国民らの支援により修復されてきたらしい。ブルガリア正教の総本山として皇帝からも国民からも大切にされてきたんだって。そんな神聖な場所が、ブルガリアの...

  • ソフィアでほっこり

    イスタンブールからブルガリアのソフィアまで夜行バスで移動。約10時間のバス旅もすっかり慣れちゃったなぁ。ソフィアのバスステーションに着いてまずはインフォメーションへ。お姉さんがおったけ、日本人得意の笑みを浮かべて街の地図ある?って聞こうと思ったら、全部言い切る前に一言、"No English!"って(^^;;第一印象最悪のスタートでした。でもそのあと気分を立て直そうとコーヒーを買った売店のお姉ちゃんは感じ良くってホッ...

  • トルコでハマム体験!

    2週間滞在したイランからは、格安航空会社を使って一旦イスタンブールに戻り、そこから東ヨーロッパを陸路でめざします。イランの南部に位置するシーラーズから北部に近いテヘランまで、一気に夜7時発の夜行バスで北上。(1日目)  ↓(バス泊)翌日朝8時頃テヘランに到着し、飛行機の時間までテヘラン市内を観光。(2日目)  ↓夕方空港に移動して、翌朝6時前まで飛行機を待つ。  ↓(空港泊)トルコのイスタンブールに...

  • イラン雑記

    その他イランのいろいろ雑記~。・数字イランはペルシャ民族、ペルシャ語、ペルシャ文字中心の国です。よくイラクと一緒くたになってアラブ民族だと思っている人が多いですが、イランは中東のイスラム諸国の中で異色のペルシャ系です。確かに顔立ちも少し違うのですが、日本にいる人たちからしたら「どっちがどう?」みたいな感じでしょう。でも!この「アラブじゃない!」というのはイランの人たちにとってとてもプライドな部分で...

  • イランの女子

    10歳前後からへジャブ必須の女の子。(いくつからへジャブをするかは家庭によってまちまちなようです。4,5歳でかぶってる子もいれば、12歳くらいから、という子もいるようです)おしゃれもできず、黒ずくめなんて…と思っていましたが、制限のある中で(あるからこそ?)めちゃめちゃおしゃれに貪欲でした!!まず、黒ずくめじゃない!真っ黒チャドルを売るお店。驚くことにほとんどない!カラフルな洋服を売ってるお店ばかり...

  • イランの経済制裁と政治を一般国民から感じてみた

    イランは今アメリカを中心とする国際社会から経済制裁を受けています。1979年にイランではイスラム教に基づく国家運営をする、イランイスラム革命が起こります。それまでは親米のパーレビー国王による国(アメリカの傀儡政権だったとも言われています)だったのが、そのパーレビー国王を追放しての新しい国家、イランイスラム共和国となったのです。指導者はホメイニ師です。左がホメイニ師。右は今の最高指導者ハメネイ師。当然、...

  • シーラズからテヘラン

    今日はテヘランを経由してイスタンブールへ向かいます(^o^)/その前に、シーラズでぜひ見たかったものを見にナシーロルモルクへ。ここは朝日がステンドグラスを照らす時間めちゃくちゃ綺麗なモスクなんです。早起きして8:30ごろにはモスクに到着!そこには潤くんが(^o^)/それから10:00すぎまでずっと写真とったり、ボーッと考え事したりしてた(^^;;笑神聖な場所で、気持ちを落ち着けて、すごい素敵な時間じゃったよ!テヘランへ向か...

  • 大昔の大王を偲ぶ

    シーラズシーラズ2日目(^o^)/今日は前日に申し込んでおいたペルセポリスツアーに行く日!パルスツーリスト(PARS TOURIST)で20ドル。ガイド、入場料、交通費、ドリンクがついとるし、悪くないよね(^o^)/かつてダレイオス1世の時代からアケメネス朝の中心都市として栄えたペルセポリス。なんと紀元前500年前後!!紀元前300年ごろアレクサンドロス大王によって破壊されるまで、200年間首都とみなされていたみたい。シリアのパルミ...

  • 油断は禁物(>_<)

    シーラズエスファハーンを出た僕らは、VIPバスに乗ってシーラズへ!めっちゃ快適♬さほど疲れもなくシーラズに到着(^o^)先に着いてたこうへいと合流(^o^)/でもこの日は、ここで一悶着(>_____...

  • エスファハーンで観光も

    エスファハーンには4泊しました。ラマダン明けとか、後からやってくるこーへい君やおたけいさん、パムッカレで一緒だったけんじ君・かなえちゃんに会いたかったりとか、暑かったため精力的に動きたくなかったりとか…(特に私が)。結構ダラダラ過ごしてました。(それはこの後のシーラーズでもそうでしたが…)もぅねぇ!とにかく暑くてっっ!!気温的には40度前後くらいで、インドの方が10度近く高くなんぼか過酷だったのです...

  • ラマダン、国の違い

    テヘランに立ち寄らず、さっさとエスファハーンに向かった理由のひとつが、「ラマダン明けをエスファハーンで!」と思ったからでした。私たちにまでヘジャブを強要する厳しいイスラム国イラン。ラマダン明けはさぞ盛大に盛り上がるんだろう、古都エスファハーンならなおのことだろう、と考えたのです。ラマダンとは太陰暦のイスラム暦毎年9月に1ヶ月間、太陽が出ている間に飲食を中心に欲望をガマンする、というものです。タバコも...

  • エスファハーンで見えた大事なもの

    タブリーズを夜10時に出て、昼3時頃エスファハーンに到着。17時間のバス旅はこの旅最長>_________...

  • イランってどんな国?

    イラン、と聞いてどんなイメージを持ちますか?危なそう大丈夫?テロリスト日本で流れてるイラン情報といえば、核開発疑惑とか、悪の枢軸とか、ホルムズ海峡封鎖とか、対アメリカ強硬姿勢とか、何だかきな臭いものばかり。でもイランを旅した人から聞こえてくるのはいい国だった!人が優しく穏やか。親日で、日本人と近い精神性を感じるといった肯定的なものが多い。外務省の渡航情報を調べても、一部の地域を除いて下から2番目の...

  • タブリース 親切なイランの人

    リアルタイムはイタリアのローマ辺りで教会やら遺跡やら見てまーす(^o^)/では、タブリースの2日目!さて、ここで僕らはやるべきことが。それはトラブゾンでも一緒じゃったこうへいくんと会わないといけない。なぜって、僕がトラブゾンの宿に忘れて来たTシャツを持って来てくれてるから(^^;;笑しかもネパールで刺繍してもらった記念のTシャツ!こうへいくんがいてくれて良かったぁ(^o^)/でも、ネットも繋がらないここイランで果たし...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。