RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ドブロブニクと言えば…

想像以上に過ごしやすかったコソボからクロアチアのドブロブニクまで一気に移動します!

まずはバスターミナルまでタクシーで移動。

一旦荷物をやたらに細かくて真面目なインフォメーションの事務所に預けて、街を散策(^o^)/

さとしはコソボ産のジーンズなどGETしたり。



道端で売ってたイチゴがパックに山盛りでたったの1ユーロ!!



パクパク食べながらバスを待ち、

日もくれる19時発、モンテネグロの首都ポドゴリッツァ行のバスに乗り込みます。



乗車の際出会ったスイス出身、フィンランド在住のマーカスとフランス人の彼女と一緒になった。



彼らもドブロブニクに行くんだって(^o^)/

まずは夜行バスにゆられながら、これまでに行った国の話とかコソボの印象なんかを話したり。

そして深夜3時、何と予定よりも2時間も早くポドゴリッツァに到着(^^;;笑

ただでさえ5時なんていう中途半端な時間について困るなぁって話しとったのに…

当然乗り継ぎできるバスなんて当分なくて。

そしたらマーカスたちがタクシーをシェアしてドブロブニクまで行こうと提案して来た。

120ユーロを割って二人で60ユーロ。

バスよりはちょっと高くつくけど労力や国境越えの手間を考えたら悪くないと判断して4人でタクシーシェア(^o^)/

明け方6時過ぎにはドブロブニク到着でした(^-^)/



ここまでの道中、30分ばかりボスニアヘルツェゴビナを通過。

一応入国、出国の手続きもあり、スタンプももらったよ(^o^)/

まぁ景色はほとんど見れんかったけどね(^^;;笑

そんなこんなで美しい古都ドブロブニクに到着した僕らはまず荷物を預けられる所を探します。

というのもドブロブニクは高いけ、今日のうちにモンテネグロのコトルに宿をとってあるんです!


で、荷物を預けて街をまわりたいんじゃけど、これがなかなかなくて…

はじめはマーカスたちが泊まる宿に置かせてもらおうって考えたんじゃけど、マーカスたちもはっきり宿を決めてないみたい(^^;;

仕方なく彼らと別れて探すことに。

旧市街近くはびっくりするほど高い!


で、結局夕方のバスチケットとるのもあって、30分ぐらいバスでゆられてバスステーションまで。

そのバスも高いんだから!
1人約500円くらい!!


バスステーションのラゲッジレフトはまぁまぁ安くて(*^_^*)

良かった(^-^)/

さぁ、身軽になったしいよいよ旧市街を散策だ!

旧市街の中はそれはあたかも中世に戻ったかのような街並みがめちゃくちゃ素敵(^-^)/



石畳も建物も階段も、それはほんまに魔女の宅急便そのまんま(^o^)/

特にオレンジの屋根がギュッと肩を寄せてる市街地と海と青空のコントラスト!





おぉ~これこれ~(^o^)/って感激!

移動&バス泊の後の疲れもなんのその、テンション上がるさとしでした(^o^)/

お昼はシーフードの盛り合わせを1皿頼んでシェア。



でも何と4000円越え(>_<)!!

恐るべしドブロブニク!

その後、ドブロブニクを高台から一望するためにケーブルカーに乗る。

1人94クーナ、約1900円なり~(>_<)

ほんまに高いでしょ、クロアチア(^^;;笑

でも高台からの眺めはほんまに素敵で、登って良かった(^o^)/





絵葉書とかガイドブックでよく見るドブロブニクがそのまんまそこにあった(^o^)/

しかももう一つ登ってよかった理由は、クロアチアがユーゴスラビアから独立する時の内戦とその当時のドブロブニクの様子が展示してある博物館があった!

ここは映像もたくさんあって当時の様子がよく伺える。

さっきまで歩いてた街が当時はボロボロに壊されてたんだって、はっきり実感できる場所だった。





僕にとっては、ストイコビッチが生まれた国ユーゴスラビア。

サッカーがめちゃくちゃ強い国。

みんな個人技に長けてて観ててほんまに楽しいサッカーをする国(^o^)/

それが悲しい歴史と共に幾つもの国に別れ、いまだにもめてる地域があったりする。

サッカーだけで言えば、独立したクロアチアもマケドニアもモンテネグロもセルビアもみんなサッカー強いんだよー!

まとまってたら世界最強も夢じゃないのに、とか夢のようなこと考えてしまう。

こうして世界を旅してるとほんとにいたるところで出会う人間の愚かな歴史。

国とか民族とか宗教とかあいいれないもののために、醜い悲しい惨劇をたくさん繰り返して来た人間の愚かさを知るにつけ、絶望に近い感覚になったりもする。

そんな時に自分の仕事の大事さを実感する。

自分のクラスの40人、授業を持ってる200人。

それだけの若者に大事なこと伝えられる仕事ってほんまにすごい仕事だよね!

なんてまた教員やりたいなぁって思ったりもしてます。

そんなこと考えながらドブロブニク、最後は海辺にでて船上結婚パーティに行く着飾った人たちを眺めたり。





水球やらサッカーやらで盛り上がる若者たちを眺めたり。

ゆーったりした時間を費やしたドブロブニクでした。



続きは次回。

だってドブロブニクでは絶対にやりたかったあれ、まだやってないんじゃもん(^o^)/

さとし
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。