RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
43:お久しぶりです! by 地球のらくがき:たいたい on 2013/11/15 at 00:03:16

ご無沙汰してまーーす!
ガボンおつかれさまでした。FBで見てほんとにガボンに行けたんだーーって驚いたみていました。皆既日食おつかれさまでした。

フォアグラン丼はめっちゃ美味しいですよぉ。
確かに食べ過ぎると胸焼けするけど、良い経験ですよね!

44:たいさん!! by Satoshi と Eri on 2013/11/15 at 19:02:17

コメント、ありがとうございますー!!
そう!フォアグラ丼、たいさんのことですよー(^O^)
もう一回行ってやりたいなぁ~
皆既日食は「皆既」にはあと一歩だったんですけど、でも見れました♪
ガボンは観光化されてませんが、エチオピアとかより全然過酷じゃないですよ。
治安もケニアよりはいいと思います。
次回の旅にはどうですか??

▼このエントリーにコメントを残す

   

おそるべしアンダンテ

セルビアからハンガリーへは夜行の列車を使って移動です。

指定席もありますが、自由席でも十分。
自由席は広々とした4人がけボックスシートでオープンスペースですが、乗客が少なかったので4人がけを2人で使うことができ、結構快適。
ただ、これは時期とかタイミングに多大に影響されますが。
旅仲間は30人くらいの西洋人若者集団の大騒ぎにかなり苦しんだそう。

指定席は寝台のコンパートメントで、横になれるのはいいけど、いろんな人と狭い空間で密室になるコンパートメントは気疲れするので、私は自由席で良かったなー。

途中出入国のパスポートチェックのため2度起こされましたが、それに腹が立つくらい相変わらず熟睡でき、
ダンナさんに驚嘆されながらハンガリーの首都、ブダペストに到着しました。


ブダペスト東駅

時間は朝6時。
もう通勤の人々が動き始めています。

まずはATMでハンガリーの通貨を引き出します。
ハンガリーの通貨は「フォリント」。
2013年8月のレートで1フォリントが約0.45円。
日本円には約半額で換算できて計算しやすいです。

宿は30人の若者に苦しんだ旅仲間がおすすめしてくれた所に予約がしてあるので、まずはそこをめざします。
地下鉄に乗り、トラムに乗ること20分ほど。
HPの地図をたよりに街路を行くと、ありました!
目的のホステル、アンダンテ!!

アパートメントの一室がホステルとなっていて、入口にはインターホンの横にホステル名が小さく書いてあるくらい。
インターホンを押して、内側から自動ロックを解除してもらわないと内部に入れない仕組みになっています。


奥のドアが建物内部にあるアンダンテの入口
他の部屋は普通にハンガリー人家族のおうちです


ヨーロッパの安宿はこの形式のホステルが多く、地図とGPSを駆使しないとたどり着けない人もいそうです。

ここはハンガリーの居心地がいいことで有名な日本人宿。
着いて早々私が引き寄せられたのがリビングにある本棚!
ずらっと並ぶ日本のマンガ!!!

朝もまだ早く観光する時間でもなく、ベッドもまだ空いてなかったため「待ち」となり、思わず『モンスター』第一巻(浦沢直樹)に手が伸びる私。
(列車であまり寝られなかったダンナさんは爆睡)

これがアンダンテ生活の始まりでした。

その後、ロフトの部屋の準備が出来て荷物を持って移動して、
モンスターの続き!!

移動で疲れたしぃ~、あ、外雨じゃない??
なんて自分に言い訳しながら、超久しぶりのマンガにどっぷり浸り込み…


ハンガリーの写真には見えない!

結局この日は夕方までモンスターを読み続け、食事をしてスーパーに買い出しに行っただけで終わったしまったのですっ(>_<)

ブルガリア以降の強行軍が響いたのでしょうか。
元々ぐーたらな私の本領が発揮されたのでしょうか。

モンスター全18巻を読破し、他にも短編をいくつか読んだあとテルマエロマエにも手を伸ばし…
炊飯器でご飯を炊き自炊ご飯を堪能し、
全員日本人の宿泊者と旅の情報交換をし、
夜はみんなで「あまちゃん」を見、「アメトーク」のDVDを見…


本放送を見逃したカープ芸人をハンガリーで見れた!!
めちゃめちゃおもしろかったーっ
前田の引退発表前のこと(;_;)


3泊予約していた滞在はあれよあれよと6泊に伸びてしまっていました…。
おそるべし、アンダンテ…

「ブダペストのアンダンテは危険よ!」と、
実はこれまでに出会っていた旅仲間からもアンダンテの恐ろしさはとくと聞いていました。
予定より長居になってしまった人のなんて多いことか…!!

マンガはもちろんのこと、
清潔で日本の常識で生活できること。
(夜になったら静かになる、共有部分を散らかしっぱなしにしないなど、小さいことにイラっとしなくていい)
ハンガリーの物価が安いため、外食も自炊も楽しいこと。
台所に炊飯器があって、おいしい白いご飯が食べられること。
心おきなく日本語で話せること。
日本人スタッフさんがとってもフレンドリーなこと。
窓が中庭側にしかないため少し薄暗く、「外に出よう!!」という気分になりにくいこと。

気を張って旅している旅人たちの、肩の力をあっという間に抜いてしまう魔力を持ったホステルだったのです!!

日本人宿には賛否両論あるでしょう。
わざわざ旅してるのに、日本の匂いを恋しがって日本人とつるんで喜んでるなんて、だったら旅なんてしなかったらいいじゃん、とか
異文化と触れ合ってこその旅でしょ、とか
私も思わないわけではありません。

しかし、私たちのように長旅をしている人たちには、たまにこういう安心できる状況はものすごく大切で、
また新たなスタートを切るための止まり木のような場所でした。

なんでもない生活が心地よすぎて、気づくと6泊もしていた私たちでしたが、その中で一番楽しかったのがフォアグラシェア飯ー!

フォアグラが安いことで有名なハンガリー。
買い出しと料理をうけおい、マーケットで塊のフォアグラを買って、宿のメンバーでシェアご飯♪
一番小さめなのを選んで約700g。
お値段4000円弱!!
日本ならこの数倍することは必至です!!


マーケットの肉屋さんで扱ってるフォアグラ

真空パックされたフォアグラを袋から取り出し、1.5cmくらいの厚みに切り分けます。
ガチョウのとんでもない脂肪肝であるフォアグラは、手で触るだけでも溶け出してきます。


やさしくやさしく扱います

冷蔵庫に直前まで入れておき、手早く切って小麦粉をまぶす。
そして、熱したフライパンにいれ、両面を軽くソテーして焼き上がり!!
さっと焼かないとどんどん油が流れ出して、フォアグラは小さくなってしまいます。

ソースはカフェ経営世界一周夫婦のおたけさんとけいさんから教わっていたバターしょうゆとバルサミコソース。
フォアグラの脂っこさを緩和させるためにゆでたカブをしき、フォアグラをのせてソースをかけて、出来上がり!!


バターしょうゆソース版


バルサミコソース版

パプリカやズッキーニをソテーして付け合せに。

それに有名なトカイワインという貴腐ワイン(甘味がものすごく凝縮したブドウで作る、ものすっごい甘い一部地域でしか作れないワイン)を買い、その他ビールとともに、いっただきまぁす♪♪


8人でのシェアごはんです

私はレバーを筆頭に内臓系は食べられないのですが、フォアグラはおいしかったー!!
特にバター醤油のソースが好み。
8人でシェアしたため、2きれづつで、もうちょっと食べたかったなぁ…!
フォアグラ丼を過去していた人もいて、それもしたかった…っ!

ま、食べ過ぎると胸焼けして気持ち悪くなるので、
「まだもうちょっとっっっ!」
と思えるこの量は理想的だと思われます。

そして1人あたり500円で食べられたのも理想的だと思われます!

トカイワインもシロップみたいに甘くって、めっちゃ私好み♪♪
もー、ハンガリーだけで帰国するなら何本も買って帰りたいくらい!

トカイワインは1~6のレベルがあって、数字が大きいほど甘く、高いです。
1上がると500円上がる感じ。
私は3だと少し物足りなく、5はかなり好きでした。
(3で800円弱、5で2000円弱)


これはトカイワインの5

ハンガリーに旅したら、フォアグラとトカイワインをぜひ試してみてください!!
アンダンテは…
沈没しちゃうので日程的に余裕がある人にオススメです(笑)

えり
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
43:お久しぶりです! by 地球のらくがき:たいたい on 2013/11/15 at 00:03:16

ご無沙汰してまーーす!
ガボンおつかれさまでした。FBで見てほんとにガボンに行けたんだーーって驚いたみていました。皆既日食おつかれさまでした。

フォアグラン丼はめっちゃ美味しいですよぉ。
確かに食べ過ぎると胸焼けするけど、良い経験ですよね!

44:たいさん!! by Satoshi と Eri on 2013/11/15 at 19:02:17

コメント、ありがとうございますー!!
そう!フォアグラ丼、たいさんのことですよー(^O^)
もう一回行ってやりたいなぁ~
皆既日食は「皆既」にはあと一歩だったんですけど、でも見れました♪
ガボンは観光化されてませんが、エチオピアとかより全然過酷じゃないですよ。
治安もケニアよりはいいと思います。
次回の旅にはどうですか??

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。