RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ハワイ徒然1

19日に日本を出発して、8泊10日のハワイ滞在。
よく街のお店で「Long Vacationね!」と言われていましたが、
なんと今、帰国の飛行機の中です!!

なんという時間の速さ!
「楽園」ってこういう意味だったのか、と体感しながら帰国中です。

青ーい海に、青ーい空に、鮮やかな緑に、心地よい風に、おいしい食べ物に、ふかふかベッドに…
何したってわけじゃないんだけどねー

のんびりしたり、家族と過ごしたり、挙式があったり、海に入ったり…
大満喫ハワイでした。

そのハワイ生活からいくつか。

●入国
成田を夜9時半に出発した飛行機は、現地時間19日午前9時すぎに到着。
ということは、機内で寝てれば朝になって時差ボケになりにくいのです。
機内食を与えられて(せっまーい座席で機内食配られて、食べて、片付けられて…これ、いっつもブロイラーの気分になってしまうのは私だけ?)、ワイン効果でよく寝てすっきり!
初めてのアメリカ入国!!

10本の指すべての指紋と写真まで撮られた。
それだけ警戒してるのか…
それだけテロされる心当たりがあるのか…?

全く無計画に出口に向かったせいで、迎えの場所まで結構歩くハメに。
説明文書はあらかじめちゃんと見とかなきゃねー。
ちゃんと「2番出口から出るように」って書いてあったわ。

さっそく貝がらのレイでお出迎えしてもらったよー
(ハネムーナーだったからか?)
その後もシャンパンをハネムーンだということで3本ゲットすることになりした。
HISの但し書きのおかげです。

●ワイキキの街
到着して挙式の打ち合わせ後、ビーチと街の散策へ。

海、きれーーーーーーーっ!!!

20130420_081234+1.jpg


すっごい青!蒼!碧!あお!アオ!
こんなにたくさんの青を見たことがない、というくらいの青一色!
ダイヤモンドヘッドもくっきり!

20130420_092251+1.jpg


ハワイ気分全開です!
アウトリガー・リーフ・オン・ザ・ビーチというホテルの裏のビーチから突き出している堤防の突端は、ぐるっと海に囲まれ風も心地いい絶好のビューポイントですよ~
サンセットもすっごいきれいだったー!

20130421_135258+1.jpg


滞在最終日の前日には海にも入り、「The! ハワイ!」な体験も。
今回は旅のお供に「防水・防塵」カメラを連れてきたので、水中撮影もOK!
でも、どうにも温泉につかってる感じの写真になってしまうのは、超日本人顔だからなのかなぁ~
バックはダイヤモンドヘッドなのに!
この写真はダンナさんがアップしてくれるでしょう。

ビーチではそこここには甲羅干しをしながら読書をしている西洋人。
背中真っ赤っか!痛くないんかなぁ?
あんまり東洋人でのんびり日光浴って少ない。
やっぱり長期で滞在するからできるんだよねー。

で、ビーチから100m弱内陸側がカラカウア大通りという目抜き通り。
世界の超有名ブランドのブティックからお土産物屋さんから怪しげな屋台まで混在して、ひっきりなしにいろんな国の人が往来している。
でも私はそれよりもさらに50mくらい山側の大通り、クヒオ通りの方がローカル色があって好きだったなー。

旅行者としてはアメリカ本土からが一番多くて、後はカナダ、日本、中国、韓国、ニュージー、オーストラリアなんだって。
太平洋のど真ん中、と考えると納得のラインナップ。
どーしても日本人が目に付くため、日本人ばっかな印象だったけど、旅行者全体では3割くらいなんだって。
また日本人はワイキキに集中するから多く見えるんかな。
ショッピング好きにはたまらない環境なんだろねー。
(あまり興味なし)

街中は昼より夜の方が人が多い。
昼間が暑いから、人々はビーチやプール、部屋でのんびりして、街へ繰り出すのは夕方以降になるんでしょう。
だからお店も10時くらいまでとか全然平気で開いてました。

●ちょっと郊外へ
到着2日目、土曜日のこの日は、ダイヤモンドヘッドの麓まで足を延ばし(The Busという市営バスで30分弱)、土曜の朝に開かれている朝市(Farmer's Market)へ。

20130421_080343+1.jpg


挙式以外に特に目的なくハワイにやって来ている私たちが、「行こうね」とあらかじめ言っていた、唯一と言っていい目的地です。
それでも寝坊して到着…

早い人は7時とかから参戦してるんだって!!
私たちの到着は11時頃。
返って少し人が減ったくらいで良かったかも。
あ、ガイドブックとかで人気の「グリーントマトフライ」はなくなってたけどね。

まずはちっちゃい焼きアワビを食べ!(6$)
スパイシーな手作りソーセージを食べ!(4$)
これまたシロップから手作りのジンジャエールを飲み!(3$)
バジルとトマトとチーズてんこ盛りのピザを食べ!(7$)

満足ぅぅぅ~
20130421_050844+1.jpg


到着してすぐに焼きアワビをほおばっていた所、うちの両親と遭遇!
うちの両親は、なんと娘より1週間も早くハワイ入りをして満喫中なのです。

マーケットを堪能してお腹も満たされた私たちは、ダイヤモンドヘッドに登ることに。
ダイヤモンドヘッドはよく「クレーター」と紹介されてるけど、火山の噴火ですり鉢状になったのが海に少し張り出したもの。
カルデラって言った方がいいような気がするんだけど、クレーターでいいのかなぁ?
隕石の衝突によってできたのかと思ってたよ。
理科のセンセ、正しくはどうなの???

マーケットの場所から登山口(すり鉢の底にあたる)までが、まず長い!
景色も風もいいけど、何せ日差しがきつい!!!暑っーーーーーーい!!!
聞く所によると、ハワイの紫外線は日本の8倍だとか…
トロリーとかレンタカーの人は登山口までダイレクトに行けますが、私たちは徒歩です。

がんばって登山口までたどり着き、入山料1$を支払いカルデラの淵をめざし登山開始。
ガイドブックによると、初心者でも40分程度でトレッキング可能。

しかし…
時は午後0時。
高度を上げる太陽。強烈さを増す紫外線。
左腕がジリジリ音を立ててるように「焼けてる」感を伝えてくる…

これ以上日焼けするとヤバイ…

真っ白なウェディングドレスから見える肩や手が真っ赤とか真っ黒とかありえない!
皮なんか剥けたら…

というわけで、1/4程度のところでGive up…
1$払ったのに…
ショボショボと元来た道を引き返し(それも結構長い)、バスに乗ってワイキキに戻りました…
人には「日焼けしちゃダメだから、途中で戻ったんよ~」って軽く言ったけど、途中で戻ったことは実はかなり結構くやしかったり…

結局その後、ダイヤモンドヘッドリベンジはかなわず、次回へ持ち越しとなってしまいました。
ハワイ一番の心残りかも。

でも、天気もよく、鮮やかな景色の散策は本当に気持ちがいいですよ~
挙式前でさえなかったら…

20130421_074009+1.jpg

ハワイ徒然は2に続く。

えり
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。