RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

これぞ地中海! アマルフィ

ナポリを出た僕らは、列車に乗ってソレントへ。

宿を探すのにちょっと苦労したけど、なかなかいい感じ。



町を散策がてら、美味しいイタリアンを食べて(^o^)/

ソレント、ゆっくり来ても楽しそうです。

それにしてもこっちの人縦列駐車寄せすぎじゃろ!!







その日、町ではどこもチャンピオンズリーグ ナポリvsアーセナルにみんな釘付け。

宿に戻った時も、近所の親父さんがオーナーとコーヒー飲みながらテレビ観戦。

残念ながらナポリは2-0で完封負け(^^;;

その時の親父さんの落ち込みようったら…(>_<)笑



さすがイタリア、サッカーは生活の一部です(^o^)/

さて、たった一泊でしたがソレント楽しんだ僕らは、世界で一番美しいと名高いアマルフィ海岸へ向かいます!

その前に、アマルフィ海岸についてALL ABOUTの引用から。

ナポリの南、約50kmほどの場所に「世界でいちばん美しい」といわれる海岸がある。その昔、ギリシア神話の英雄ヘラクレスは愛する妖精の死を悲しみ、世界でもっとも美しい場所に亡がらを埋め、永遠にその名を残すために彼女の名をつけたという。

どんだけ綺麗なところなんじゃろうか!

期待に胸膨らませながら、でも期待が大きすぎるとがっかりするのもよくあることじゃけ、って自分に言い聞かせたりして。

まずは調べておいたバス乗り場へ向かうと、そこには長蛇の列!





もっと早くくれば良かった(>_<)

そのバスには乗れず、アマルフィまでの途中にある町ポジターノ行きのバスに乗りこむ。

駅のキオスクなんかでバスチケットを買う

まぁそこから乗り換えて行けばいいか(*^^*)

海岸線の崖の上をくねくねとバスは進んで行きます。

車窓からの眺めはほんまに綺麗(^o^)/

ポジターノまではほんの1時間程度。

崖の上のバス停で降りた僕らは、すぐあとからくるはずのアマルフィ行きに乗ろうかとしばらく待つけど来ない(^^;;

崖の下にはほんまに可愛い街並みと、めちゃくちゃ綺麗な海が広がっとる(^o^)/







ちょっと降りてみようか。

ということでポジターノの町をちょっと散策。

これぞ地中海っていう感じの可愛い町に気分も軽くなる♬

雑貨やお店もほんまに可愛い!



港まで降りると、何とそこからアマルフィ行きの船があるよ(^o^)/

綺麗な海岸線を海から眺められるなんて、絶対そっちの方がええじゃん!!

ということで、ここからボートにのってアマルフィまで小一時間の船旅です!



まあ景色は綺麗だわ、ゆったりデッキに座って地中海の風を浴びながらの船旅は最高でした(^o^)/





港といえばこのポーズでしょ(^o^)/




アマルフィの町はとても小さな町で、歩いてまわってもそんなに時間はかからない(*^^*)

ここでも可愛い雑貨屋さんの並ぶ通りを歩いたり、路地裏でピザをかじったり。





ほんまにウキウキしてくるね(^o^)/


話はそれるけど、旅しててずっと気になっとったのが、靴の匂い(>_<)

みなさんはどうしてますか?

50度近い暑い日も、ジメジメした雨の日も埃まみれの乾燥地帯も、ずっとともに旅して来た靴だけにね…(^^;;笑

消臭剤をふりかけ、時には水洗い。

それでも何と無く気になるんよね(^^;;

そしてアマルフィで見つけたのが、レモン石鹸(^o^)/



めちゃくちゃいい匂いで、これならいけそうじゃって、靴の芳香剤として買っちゃいました(*^^*)

これ、実はしばらくは凄いいい感じじゃったんじゃけど、やっぱりいい匂いは長続きせず、地道に洗う、そして日向に干す!…しかないみたい(^^;;

なんかいい方法があったら教えてね!


で、ザ•地中海な景色を存分に楽しんだ僕らはバスに乗ってサレルモヘ。

サレルモからは列車に乗ってナポリへと帰ったのでした。

1泊2日のポンペイ、アマルフィへの小旅行。

すごい良かった(^o^)/

これからナポリへ行く人にはオススメですよー(^o^)/



さとし




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。