RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
47: by かずは on 2014/01/01 at 12:06:39

あけましておめでとうございます!
さいきんFacebookのほうを見せてもらってます(*^^*)
もう色んな国に行きすぎて訳わからんくなった!帰ってきたら、ゆっくり解説おねがいします(^^)d
これからも良い旅を!

48: by Satoshi と Eri on 2014/01/02 at 22:11:07

かずは☆
あけおめー♪
地図みろー(笑)
こっち、長くて読むの大変だけどこっちもよろしくね~
いろいろしゃべりたいわー
年休取って合流しゆうぜぃ(^O^)

▼このエントリーにコメントを残す

   

船が浮く島

fc2blog_20131230034615101.jpg

こーんな絶景を求めてはるばる飛んだランペドゥーサ。
しかし、あいにくのお天気…。
日本だったら「強風・波浪注意報」は確実に出ている状況。

それでも、求めていた絶景を探し、レンタルバイク2人乗りで探索です♪

20131007_143150+1.jpg
トルコ・カッパドキア以来のレンタルバイク

有名なラビットビーチは難破事故の影響で軍によってクローズ。
それでもビーチが見渡せる場所を探して荒野に踏み込みます。

20131005_145901+1.jpg

このランペドゥーサ島は「荒野」という言葉が本当に似合う場所。
乾燥して土埃が舞う大地に、少ない水分で生息できる葉っぱの小さな、カラッカラな植物。
こういう場所の植物は大抵がトゲトゲです。
ただでさえ植物にとって厳しい環境で、動物に食べられたんじゃたまらない、ということでしょう。

ネコのしっぽのような花を咲かせる植物の間を、ゴロゴロの石を踏みしめながら進むと、

20131005_144119+1.jpg
風にゆれる様子がまさにネコのしっぽ!

見えました!!
船や人が浮いて見えるというラビットビーチです!!

20131005_174248.jpg

…が…
この強風と高波で水面は荒れ、海底の白砂が見えるどころじゃなく、
そしてこんな天気にクルージングヨットなんて浮いてるはずもなかったのでした…

無念…

結局滞在中に穏やかな天気になることはなく、求めていた絶景はまぼろしと終わってしまいました。

でも、浮いた景色が見えなかったからと言ったって、ランペドゥーサが絶景の島であることには変わりありません。
気を取り直して島をぐるりと一周してみることにします。

20131005_165714+1.jpg
ビーチはほとんどないランペドゥーサ島

平らな白い岩盤が真っ青な海にはめこまれているようなランペドゥーサ島。
島の周囲はがけに囲まれ、遠くまで見わたすことができます。
水平線まで、ただひたすらの海。
その左右は少しだけ下向きにカーブを描いていて、地球の丸さよりも大きさを感じさせられました。

20131005_184357.jpg

あっという間にぐるっと一周。
本当に小さな小さな島です。

20131005_190946.jpg

そしてこの島で楽しみにしていたもうひとつのことが「海鮮」です!!
新鮮な魚が手に入るこの島で、久しぶりのお刺身を食べてやるー!!

身のしっかりした、背中のピカピカしたずっしり重いアジに、真っ白なイカ♪
さばいて(ダンナさんが)今晩のディナーです。

20131005_191103+1.jpg
イカー!

20131006_193630+1.jpg
アジー!

アジは刺身とあら汁に。
イカはバターしょうゆソテーに。
それにズッキーニの炒め物と、アンチョビをきかせたポテトサラダに白いご飯♪♪

20131006_203302+1.jpg
2人しかいないとは思えない食卓

作りすぎ(笑)

もー、めっちゃおいしくてっ!!

新鮮な魚介類をしょうゆで食べるこのシアワセ(>_<)!
日本人だよなーとつくづく感じます。

イタリアはお米が私たちの口に合うのもいい。
少し粒は大きめだけど、つやつやもっちりのおいしいお米なのがGood。
旅に出てからは鍋炊きオンリーですが、最近はすっかりごはん炊くのも上手になりました(^^
「15分火にかけて15分蒸らすだけ」という超絶簡単な方法を教えてもらって以来失敗知らずです。

バイクで島をめぐり、スーパーで買い物をして、ごはんを作って食べる。
この田舎の島で生活をするみたいに滞在できて、ほんと幸せ。

有名な場所をガンガンまわって「○○してますっ!」って言えるような刺激的な旅もいいけど、
こんな何ってわけじゃない生活ができる旅が好き。

そう感じるランペドゥーサ生活でした。

そうそう!
ここではダンナさんが美容師デビュー。

私の髪の毛でっ(>_<)

旅の最初にタイでばっさり切って以来5ヶ月。
すっかりうっとうしい長さにのびていて、かねてから
「髪切りたいぃぃぃ」
と言っていたのでした。

しかしヨーロッパの旅が続く中、美容院代もバカにならず二の足を踏んでいると、ダンナさんが
「オレが切ってあげようか?」
と。

ヨメにはわかります。
切ってみたいのだな?

元来器用なダンナさんなので、若干の不安を抱えながら任せてみることに。
当然髪を切るハサミなんかなく、100均の工作バサミを構えて「横に」ジャキリ!

ぎゃー(>_<)
ハサミを横に入れないでぇぇぇぇぇ!!

不安爆発ですが、一度ハサミを入れてしまった以上後には戻れません。
いつもの美容師さんにやってもらってるやり方を少しずつ伝え、進むしかない。

結局2時間近くかかって完成!
だんだんダンナさんも上手になるし、前髪なしのボブだから長ささえ揃ってたら失敗も少ない形だし、
何とかこれくらいになりました。



どうですかー?

後日旅仲間の美容師さんに見てもらったら
「うまいですねー!」
と言われ、鼻高々なダンナさん。
次も切ってもらおうかなぁ~?
日本に帰ったらいつもの美容師さんの所に直行だけどねっ!!

かけあしイタリアの最後にこんなのんびりのランペドゥーサでした(^^)

20131007_132543.jpg

シチリアのパレルモまで戻り、そこからは北に3時間ほどひとっ飛び!
半袖短パンのヨーロッパ最南から一気にダウンジャケットのいる世界へー!

えり


20131007_131354.jpg
3月のパーティで中高時代の友達に書いてもらってた「イタリア」パネル。
最後の最後で登場。
「イタリアで絵里ちゃん何回ナンパされた?」って、
0回ですからっっ!!
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
47: by かずは on 2014/01/01 at 12:06:39

あけましておめでとうございます!
さいきんFacebookのほうを見せてもらってます(*^^*)
もう色んな国に行きすぎて訳わからんくなった!帰ってきたら、ゆっくり解説おねがいします(^^)d
これからも良い旅を!

48: by Satoshi と Eri on 2014/01/02 at 22:11:07

かずは☆
あけおめー♪
地図みろー(笑)
こっち、長くて読むの大変だけどこっちもよろしくね~
いろいろしゃべりたいわー
年休取って合流しゆうぜぃ(^O^)

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。