RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
51:管理人のみ閲覧できます by on 2014/03/01 at 05:01:37

このコメントは管理人のみ閲覧できます

54:承認待ちコメント by on 2014/07/18 at 03:53:16

このコメントは管理者の承認待ちです

55:承認待ちコメント by on 2014/07/18 at 20:07:00

このコメントは管理者の承認待ちです

56:承認待ちコメント by on 2014/07/19 at 16:20:35

このコメントは管理者の承認待ちです

57:承認待ちコメント by on 2014/07/28 at 11:16:28

このコメントは管理者の承認待ちです

58:承認待ちコメント by on 2014/08/12 at 10:54:21

このコメントは管理者の承認待ちです

59:承認待ちコメント by on 2014/08/14 at 00:10:39

このコメントは管理者の承認待ちです

60:承認待ちコメント by on 2014/08/21 at 21:38:58

このコメントは管理者の承認待ちです

▼このエントリーにコメントを残す

   
≪前のエントリー≪  ≫次のエントリー≫

ずっと来たかったアイルランド

のんびりランペドゥーサからひとっ飛びでシチリアのパレルモに、
そしてそこからアイルランドに向かいます。

利用したのはLCCのライアンエアー。
前回プラハ→ミラノのeasy jetに手こずりましたが、ここでもまたLCCの掟に手こずることに…(ーー;)


LCCなので当然地面から乗機

これまでeチケットを求められることがなく、iPhoneの画面だけ用意していたら紙で必要で。
印刷代20ユーロ(>_<)!
ネットカフェでやれば1ユーロしないのにぃ!!

そして前回もだった厳密な荷物1個制限。
渡航国へのビザが必要か、必要なら取得してあるか、もあらかじめ別の窓口でチェックをもらっておかないと
搭乗口の最終チェックで乗せてもらえないことがあったり…
(これで予定の飛行機に乗れなくなって、チケットの買い直しになった人もいるみたい
もっと前の段階で言ってくれたらいいのに!!)

今回トランジットに6時間ほどあったことと、空港にフリーのWi-Fiがあって調べることができたためクリアすることができましたが、ちょっと、いや、結構焦りました(>_<)

まぁ、何とか無事に搭乗&フライト。
予定通りに発着できたら機内でファンファーレが鳴るライアンエアー(笑)

アイルランドまで3時間、荷物代を含めても1人9000円程で、手間がかかっても利用する価値はありだと思います。

到着したのは夜中の12時前だったので、今日はそのまま空港泊。
明るくなってからダブリン市内まで移動です。

20131008_104552+1.jpg
ダブリン市内行きのバス

普通の市内バスなら3ユーロ程度ですが、空港シャトルバスを使うと倍以上かかります。
トンネル使うから時間は短いみたいなんだけど、ここは当然普通のバスで。

さっそくかわいい家々が(>_<)!

20131009_184714+1.jpg

20131012_185507+1.jpg

アイルランド、家がかわいいのっ!!
ずらっと並んだ長屋のような家の玄関ドアの色がカラフルでステキ。

どこの家もぱっきりした色合いのドアで、ちゃんと定期的に塗り直してるんだと思う。
このドアだけをたくさん集めたポストカードなんかも売ってて、アイルランド名物のようです。

やりたいなぁ、とは思うけど、どうも日本の風景となじむ気がしない…
なんでだろう??
アイルランドの長くどんよりとした冬こそ似合う感じ。

ダブリンは街でした。
一泊一人10ユーロのドミに荷物を置いて散策。

20131009_205224+1.jpg
街の目印のスパイア。銀色のつまようじがそびえ立つ。

ここで見つけたのがPENNES!!
イギリスにもあるファストファッションのチェーン店(イギリスではPRIMARKという名前)なんだけど、
ハンパじゃない安さなの!!

20131014_180753+1.jpg
ディスプレイされてるイチ押し商品でも、セーター12ユーロ、くつ11ユーロとか

デニムパンツで6ユーロとか、ジャケットで10ユーロとか。
この頃(2013年10月)は1ユーロが132円くらいだったから、800円のジーパンに1300円のジャケット。
ユニクロでは太刀打ち出来ない安さ!

さらに服・靴・アクセサリーなどのファッションアイテムだけじゃなく、コスメや枕などの家庭用品にお菓子まであり、
そのバラエティがめちゃくちゃ豊富!
ベーシックラインのファッションの中に着ぐるみのようなコートやパジャマ。
誰が着るん…?的なものも結構あって、目も楽しい♪

嬉しくなった私は、この旅で最も寒い季節とエリアをこれから回るとあって、防寒着を補給。

ニット帽1.5ユーロ!
手袋2組1.5ユーロ!!
ベルト2ユーロ!!(>_<)

20131009_134629+1.jpg
これだけ買って、計6ユーロ!!

何?!
この安さ!!

この後イギリスでユニクロに行ってみたんですが、PENNESとは安さの勝負にならないですね(>_<)
値段もユニクロは日本よりも2割くらい高いし、値段ではなく日本の技術による高機能商品として売り出してるみたい。
ま、PENNES見たら値段の勝負がバカバカしくなっちゃいますね。
イギリス・アイルランドに行ったらPENNES・PRIMARKもぜひ!!

「これ今イギリスですっごい人気のPRIMARKってブランドの服なんだけどぉ~、
え?知らないの??すっごい人気なんだよー」
って1000円しない服を着ていばれます!

それからアイルランド生まれのかわいい雑貨、AVOCA(^^)
カラフルなオリジナルの雑貨は日本でも人気のようだけど、(女子力が低いためよく知らなかった)
本場のAVOCAは地下にデリ、最上階にカフェレストランもあって、ナチュラルなアイルランドを味わえます。

20131014_153030+1.jpg
レストランで出てくる水ですら、このおしゃれさ

ここのレストランでランチにしたけど、素材中心のサラダにスープで、
「体が喜んでるー!!」
って感じ!

20131014_154307+1.jpg
素材の味がするっ

旅してるとどうしても食生活が乱れます。
外食中心で野菜はなかなか採れないし、安くしようと思うとファーストフードのようなものになりがちだったり…

だからこういう料理が食べれると、もう、ほんとに体が喜ぶんですよ!!
ちょっとお高めだったけど(>_<)

できる限り本当は自炊したいんだけど、1泊2泊で移動とかが続くと自炊もしてられなくて。
3泊くらい各都市でしたいものです。

そんなに大きくない街で、人々もガツガツしてないアイルランド。
いいなーって感じます。

ダブリンから電車で30分ほどの郊外にも足をのばしてみました。
海沿いの、ほんとに小さな町なんだけど、のんびり散歩。

20131009_184910+1.jpg
こんな家が続く町

20131009_182905+1.jpg

風が強く少し荒れた海と、緑のだだっぴろい草原と、透き通る薄い水色の青空と、低くて白い雲。
北の地のはて感がすっごく好きで、こんな景色を見たかったんです!!

実は私、前世はアイルランドにいたんじゃないかと思うくらい、こんな景色を見たら訳もなくドキドキしてしまうんです(>_<)
絶景に感動するのとは種類の違う、なぜか惹かれてしょうがない景色。

そして音楽。

ちょっと物悲しいバイオリンの旋律のアイリッシュ音楽がほんまに好きで!!

そんな私なので、昼の景色だけじゃなく、夜のパブもワクワクしてしょうがない!
アイリッシュパブ、行きましたよー!!


えり
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
51:管理人のみ閲覧できます by on 2014/03/01 at 05:01:37

このコメントは管理人のみ閲覧できます

54:承認待ちコメント by on 2014/07/18 at 03:53:16

このコメントは管理者の承認待ちです

55:承認待ちコメント by on 2014/07/18 at 20:07:00

このコメントは管理者の承認待ちです

56:承認待ちコメント by on 2014/07/19 at 16:20:35

このコメントは管理者の承認待ちです

57:承認待ちコメント by on 2014/07/28 at 11:16:28

このコメントは管理者の承認待ちです

58:承認待ちコメント by on 2014/08/12 at 10:54:21

このコメントは管理者の承認待ちです

59:承認待ちコメント by on 2014/08/14 at 00:10:39

このコメントは管理者の承認待ちです

60:承認待ちコメント by on 2014/08/21 at 21:38:58

このコメントは管理者の承認待ちです

▼このエントリーにコメントを残す

   
≪前のエントリー≪  ≫次のエントリー≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。