RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
16:管理人のみ閲覧できます by on 2013/05/19 at 22:45:51

このコメントは管理人のみ閲覧できます

19:ナマステ! by Junko on 2013/05/21 at 21:56:49

おひさ~! 仕事で力尽きていて、初コメント。
ハワイ本当に素敵だったね☆
タイもディープに楽しんだね~。充実した旅で何より!
インドはいかが?きっと絵里ならインドの魅力にハマると思う。気をつけて、楽しんでね(^_^)v

22:じゅんこ~ by Satoshi と Eri on 2013/05/28 at 04:08:58

メッセージありがとー!
新部署、忙しそうじゃねー。
長期を取るときにはぜひ合流しようや!
インドは手ごわいよ…
がんばって続き書くから、ひまな時に読んでねー

▼このエントリーにコメントを残す

   

タイの乗り物 2

タイの乗り物の続き~

●船
チャオプラヤ川や運河を結ぶ船も主要な公共交通機関。

20130512_171458+1.jpg
チャオプラヤエクスプレス

料金もエアコンバス並で利用しやすい。
何より、楽しい!
すっごい大回りだけど、王宮とか行く時はBTSと船を乗り継ぐのもいい。
渋滞ないから、朝夕とかなら早く着くくらい。

料金の支払いもバスと同じで車掌のおばちゃんがやってきます。
そのおばちゃんの子どもも乗り込んでて運転手のおっちゃんに絡んでたり、それを車掌のおばちゃんが怒ってたり、
何とものどかな風情です。

20130512_171938+1.jpg
運転手に絡む車掌さんの子ども


●バイク
何歳から運転可なんでしょうか?
何人まで乗せていいんでしょうか?

50cc原付より大きいエンジンのミニバイク。
それこそ制服姿の子が運転して通学してたり、4人の子どもを前1人、後ろ3人乗っけてたり。
(計5人で乗ってる!)
日本では考えられないフリーダムさ!
当然ほぼノーヘル。

バイクの後ろに乗っけて連れてってくれる、バイク版タクシーのモーターサイも庶民の足として大活躍。
啓発ポスターで「ヘルメット100%」みたいなんも見かけるけど、みんな何処吹く風。

そんなミニバイクに乗る機会が、やってきました!
タオ島で少し離れた所にシュノーケリング行くのに使ったのです。
パスポートを預ければ誰でも借りられて、免許のチェックもなし。
(いいのか?!)
店の外に置いてある、ビンに入ったガソリン(!)を買ってタンクに入れて出発!

バイク快適~!

島ののどかさとノーヘルバイクがマッチ。

でも、島だからできたこと。
バンコクでは絶対無理だわ~
みんなスイスイ車の間を縫って走り回っています。

●列車
どーしても乗りたかったのが列車!
スコータイに行くことを決めたのも列車で行けるから。
(本当に)
行きに寝台列車、帰りに昼の快速列車を取りました。

夜10時前。
列車が入って来たらしいアナウンスがありホームに行くと、待ってました!
私たちの乗るディーゼル列車チェンマイ行きが!
もーワクワク最高潮です!!

最後尾が私たちの乗る二等寝台エアコン列車。
この列車の最高車両になります。
ギリギリで切符を取ったため、寝台は上の段です。

上の段は狭いっ!!
足伸ばして座っても頭が天井につくくらい!
窓もなく、壁から天井にいたるカーブのデッドスペースを2段目にした、ってくらい。
幅は1mもなく、落下防止のベルト2本が文字通り命綱。

20130514_233948+1.jpg

夜10時発の列車。
20分ほど遅れて出発です。

途端!
ものすごい縦揺れ!!
座ってると頭を打つか、下に転げ落ちるかってくらいの縦揺れ!
向かいのダンナさんと「事故脱線」と顔を見合わせる。
どーやったらこんなに揺れられるのか?
よく脱線せず走ってるなぁ…

もう座ってられないので、動き出して早々に横になることに。
時々体が浮かび上がるほどガタンってなり、その後は車体が車台に打ち付けられる。
寝台ではない座席の帰りがすでに心配になる。

列車は動いたり止まったりを繰り返し、私も寝たり意識があったりを繰り返し。

目覚ましは4時半にセット。
到着予定が4時40分過ぎ。
早く着くはずはないだろうけど、車内放送なんてもちろんないし、列車が止まる度にソワソワと列車の踊り場に出ては景色を確認。
(当然浮き上がる程の揺れは継続)

そんなことが1時間。

いいかげん外を立って見張ってるのもしんどくなってきたころ、車掌がやってきて、「ピサヌロックに着くからこっちに来い」と。
なぁんだあ、教えてくれるんじゃん。

予定より1時間遅れて到着。
車掌は列車がまだブレーキをかけ始めたかなぁ、くらいでドアを開ける。
平気で列車は遅れるのに、せっかちにドアを開けてる姿がなんかおかしい。

帰りは昼の列車。
朝9時発(予定)
午後3時半到着(予定)

まず到着が30分ほど遅れ。
別に何もないからいいんです。
どれだけ遅れても。
遅れるもんなんです。
ホームでゆっくり朝ごはんを食べてのんびりです。

20130517_114024+1.jpg
何事もなかったかのように登場

この日も二等座席エアコン車両で、この便の最上クラス。
リクライニングのきく、なかなか座り心地のいいイスで、行きは何だったのか?!というくらい揺れも普通で、
(列車のサスペンションの違いなのかなぁ?)
のんびり景色を眺めたり、ダンナさんはウトウトしたり、快適に過ごしていました。

最初の2時間は…

20130517_132031+1.jpg
出発1時間ちょっと。
快適な車内にお掃除おばちゃん(水色)も、車掌さん(茶色)もうとうと



なんと、途中でエアコンがストップ!
車掌やら機械担当兄ちゃんやら、停まった駅の駅員やらがいじったり蹴ったりしたけど直らず。

結局ファン回して窓とドアを開けて(!)あと5時間を走ることに。

20130517_142716+1.jpg
開けたドアの横で、乗客から集めた切符に払い戻しの証明を手書きの車掌。(当然運転中)
この後どこか涼しい所に退避した模様。せこい。


他の車両はファンだけだから、その分窓が大きく開くんだけど、
エアコン列車の窓はちょっぴりで、座面は柔らかいけど、汗で張り付くし、一番過酷な車両になってしまいました。

ほんまにほんまに暑くって、体力と精神を消耗。
車中、なんだかおかしくて仕方なくなってくる。
だってドア開いて走ってるんだもん!
私からしたら景色がすっごいよく見えるようになって、嬉しいけど!

でもでも、ほんまに暑かった…

こういうこともあっての旅ですな!

5時にバンコクに到着したあと、1人70バーツの払い戻しがありました。
ちょっと意外。



総じてタイは移動費が安い!
タイ国内の生活レベルにかなり差があるから一概には言えないけど、
オシャレなショップやデパートの服とかは日本と価格差があまりないことを考えると、
バスとか列車とか快適さに差を設けて実質安く利用出来てるんじゃないかと思う。

ってか、日本は移動関係にお金かかりすぎじゃないですかねぇ?
インフラ整備だから初期投資にお金がかかるし、
その利用料での正確と安全なんだけど、
「どこかに行って何かをする」という目的のための「手段である移動」にあんなにかかってたら、チャンスを逃すような気がする。
(実際自分も交通費の高さに受かるかどうかわからない就職試験、受けに行かなかったこともあるし)

いろんな乗り物に乗りましたが、まぁ、乗るだけでドキドキです。
日本では感じられなくなった感覚が楽しかったり、ストレスだったり。

いろんなこと全てが「初めてのおつかい」状態!
しっかり感じないとね!


さぁ、これでタイの列車制覇!
楽しかったぁ!
インドでも列車に乗るぞー!


えり
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
16:管理人のみ閲覧できます by on 2013/05/19 at 22:45:51

このコメントは管理人のみ閲覧できます

19:ナマステ! by Junko on 2013/05/21 at 21:56:49

おひさ~! 仕事で力尽きていて、初コメント。
ハワイ本当に素敵だったね☆
タイもディープに楽しんだね~。充実した旅で何より!
インドはいかが?きっと絵里ならインドの魅力にハマると思う。気をつけて、楽しんでね(^_^)v

22:じゅんこ~ by Satoshi と Eri on 2013/05/28 at 04:08:58

メッセージありがとー!
新部署、忙しそうじゃねー。
長期を取るときにはぜひ合流しようや!
インドは手ごわいよ…
がんばって続き書くから、ひまな時に読んでねー

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。