RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

タイ マーケットめぐり

20130512_151624+1+1.jpg

写真のパネルは、3月の披露パーティの際、出席してくださった方に寄書きを兼ねて書いて頂いたものです!
トップバッターのタイは元職場の同僚が書いてくれた物。
美術の先生もいたチームなので、さすがのクオリティです!

ここはタイのウィークエンドマーケット。

タイに約3週間滞在し、いろんなことをしましたが、
一番私が楽しかったのがマーケットめぐり!

量販店と違い、人々の生活をもろに感じることができ、マーケットは本当に楽しかったです!

ウィークエンドマーケットは、バンコクのBTSに乗って終点のモーチット駅近くで、
その名の通り、週末に開かれてるマーケットです。

これが!
15000くらいの出店があるらしく、広いわ人多いわ、物多いわ!
40℃近い気温の中、がっつり3時間くらい。
ヘロっヘロになりました…


妹に載せない方がいいと言われた写真

中にはお土産物から服とか骨董品、ペット用品のみならずペットそのものとか、
そりゃーまぁ、ありとあらゆる品々が。
モノもチンケな物から、しっかりした良さそうな物まで。
玉石混淆。

私たちはこれからの旅なので荷物は増やせず、見て回るだけですが、それでもワクワクしてキャーキャー言ってました。
結婚式用の引き出物とかミニギフトとか、招待状の印刷見本とか、結婚式関係のお店も結構あり、
最近までそういったものをいっぱい検討してきた私はついつい手にとって見てしまいます。

ダンナさんは民芸品っぽいテロテロなズボンが気になるらしく、そういったものがあれば足を止めます。
作りのいい革製品とか、デザインのかわいいTシャツとか。
雑貨、たのしー!

びっくりしたのはダンナさんの大学時代の後輩さんとばったり会ったこと!
卒業以来らしく、タイにいることはご存知だったのの、まさかこんな所で!です。
島根で雑貨屋さんをされているそうで、買い出しに来られてました。
冒頭の写真も後輩さんに撮っていただきました。
ありがとうございますー♪

まさに巨大迷路なマーケット、ここはオススメです!
買いたいものがあったら、そこで買うか、場所をよーくよーく覚えておいてくださいね。

私は買おうと思ったお店にもう二度とたどり着くことができませんでした…
かと思えば、思いがけず「あ、ここさっきのお店だ」ということがあったり…。
本当にリアル巨大迷路です!

あと、午前中の方が人少なくていいですよー。
私たちが夕方前に帰るころにもまだ人が押し寄せていましたから!

20130512_163705+1+1+1.jpg
夕方4時前のマーケット入口周辺。
行く人と帰る人とでものすごいことに…!


それから、地図もらって見たいエリアがどの辺りにあるかチェックした方がいいですよー。
まぁ、入り込んだら自分がどこにいるのか、さっぱりわかんなくなっちゃうんですけどね。



その次に行ったのは、スコータイにアクセスするために立ち寄った、ピサヌロックのマーケット。



ここは正に町の台所的な存在で、野菜、果物、肉、魚がメイン。
マーケットの表にも朝早くなら野菜の、夕方なら食べ物の屋台がぎっしり並んでいます。

毛の生えたライチのような果物(ランブータンというらしい)、
ちっさい白菜(大きいのは見なかったからこれが標準サイズ?)、
ブタのアタマを開いてお面みたいになってるもの(ヒエー!)、
そして、極め付けはカエル!

カエル、食べたことはあるし、鳥肉に似てる感じだし…
でも、市場にまんま並ばれるとギャーってなるわぁ>_<

20130516_145225+1.jpg
手前にブタの頭の開きが…

魚系は、内陸なため川魚が中心で、ちょっとご遠慮したい感じ。
観光案内所でもらったパンフにも
「海の魚ほどおいしくはないかもしれないが…」
って書いてあった。

このマーケットで食べたニラ饅頭みたいなのが美味しかった♪

20130516_145832+1.jpg

二人でシェアして食べてると、周囲のお店のおばちゃんたちにめっちゃ見られて笑われた。
なんか、ジェスチャーで、
「2人、仲良いのね!」的なことを言われ、
そうなの?みたいな。

あとヌードルも食べた。
ダンナさんがオーダーに行ってくれたんだけど、なかなか言い出せずにいたら、周囲の人から応援されたそう。
まぁ、こんな貫禄のおばちゃんだったから…(笑)

20130516_150450+1+1+1.jpg
おばちゃんのドヤ顔!!

タイのマーケットと言えば水上マーケットが有名。
バンコクから80kmほど行ったダムヌン•サドゥアクマーケットが大きいらしく、ツアーに入って参加。

ここは…
ザ•観光地!!

で、私たちの評価はイマイチ。

ぶっ飛ばしたバンから降りると水上マーケットに行くためのボートが待機。
このボートがまたぶっ飛ばし系で。
しぶきを上げて走る走る!
遊園地のアトラクションみたい。

20130518_110821+1+1+1.jpg
しぶきがかかりまくり!

15分程乗ってマーケットに到着したら、バンの運転手がいるじゃん!
ジェットボート、乗らなくて良かったんじゃん!!
雰囲気は出たけれども!!
ちょっとおもしろかったけれども!!

そこからはお土産物屋さんしかないマーケット。
まぁ、元々観光と水上マーケットっていう文化の保護のために作られたものらしいから、仕方ないんだけど。
並んでる物のクオリティはウィークエンドマーケットの方が上。
ヴィトンのマークの付いたかばんなんて買う人いるのかねー?
あとはゾウグッズ。

一応来たんだから、と手漕ぎの船をチャーターしてみる。
船で果物や帽子を売ってるおばちゃんたち。
ぱっと見た目風情はあるけど、実は運河は観光客を乗せたボートで身動きも取れないほど。



20130518_113502+1+1+1.jpg

乗ってる観光客も、みんな苦笑ぎみ。

チャーターした船のおばちゃんは自分の息のかかった(?)お店に船を着けては、土産物をすすめる。
もしこのまま日本に帰るにしても、買いたい物ないんですけど…

半笑いで断る私たちの背で、タイ語で何やら話すおばちゃんたち。
きっと
「こいつらケチだから、なーんにも買わないんだよ!」
って言ってるに違いない。
何となく第六感で感じる不思議。

20130518_121517+1+1+1.jpg
動きの悪い船のおばちゃんを叱り飛ばし、タイ語で私たちの文句を言い(真偽の程は?)、
最後にチップを要求した強欲おばちゃん




そんな水上マーケットの帰り道に寄ったのが、線路マーケット。
線路のすぐそばまでマーケットが迫ってて、列車が来たらおもむろにみんなバタバタ片付ける、
テレビで見たことがある所。

水上マーケットにがっかりしてたため、テンション下がり気味で立ち寄ったんだけど、ここはおもしろかった!!
このマーケットは観光客も多いんだけど、完全に地元の市場だったんだもん。

列車が来るまで少し散策。
トマトとかゴーヤ、りんごなどなじみのある食材から、
ナマズとかふな寿司みたいなのとか、ウギャーって思うものまで。
うーん…匂いがあまりしない野菜の市場が好きだ…。
潔癖日本人な私…。

線路ギリギリまで商品を並べ、お客は線路を歩いて品定め。
テントが頭上まで張り出してて、アーケードみたい。



よく見ると、お店の陳列台の下にレールが。
これでさっと引き下げるんだな!

時間が近づくと片付けの準備を始めるおばちゃんたち。
せりだして来る観光客。

珍しく定刻に列車がやって来た。
遠くに聞こえる汽笛を合図に、ばたばたとテントが畳まれ、
台が引き下げられる。



列車は速度を落とし近づき、ほんとに畳んだテントすれすれに通り過ぎて行きます。
目の前を通っていく列車は結構迫力!



20130518_142802+1+1+1+1.jpg


列車が通り過ぎると、店はまた元のように広げられ、営業再開。
興奮冷めやらぬ満足顔で観光客も帰って行きます。

かく言う私たちも、写真撮りまくり、去って行く列車の後ろ姿を追っかけ、大満足で帰りました。
ここは行ってよかったー!
市場自体もローカルで良かったし、列車の迫力も、それを迎え撃つ市場のみんなも楽しかった。

海外旅行は観光地めぐりで終わっちゃいがちですが、
マーケット、バザールめぐりもぜひ行程に加えてみては?
現地の人の生活も感じられていいですよ~!

えり
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。