RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
27:管理人のみ閲覧できます by on 2013/06/11 at 19:49:01

このコメントは管理人のみ閲覧できます

▼このエントリーにコメントを残す

   

インドに閉口、そしてオアシス

インド街歩き1日目は、まずインド人商人のしつこさ、空気の読まなさ
タフさに閉口してスタートしました。

しかし、閉口するのはそれだけではなかったのです。

まず、空気の悪さ!
人口12億人の首都デリーの人口は1300万人。
そこを走る超オンボロ車たち!
環境?
なにそれ?おいしいの?
ってな感じで真っ黒な排気ガス、というより排気煙をもうもうと立ち上げ、
車もバスもリキシャもバイクもぶいぶい走っていきます。

20130522_220924+1.jpg
この黄色と緑のリキシャはそれでも「環境適合」のお墨付きをもらったリキシャなんだとか…

そしてそれらが巻き上げる砂煙。
デリーはケッペン気候帯のB、乾燥帯(地理で教えたよね?)にかすってるんです。

車が通る大通りなんかもぅ、目も開けていられないほどです。
口元鼻元はハンカチ替わりの手ぬぐいを押し当て、
目は細め、会話もままなりせん。
だだ黙々と前に向かって歩くのみ。
楽しくない!

帽子かぶってなかったら(かぶっててもだけど)
髪の毛、ギッシギシ!
シャンプーしても1回目は全然泡が出ない!

これはその後インド中どこ行っても悩まされました。
こんな空気吸ってたら長生きできんわー、って思った。


ダンナさんは外歩きの際、こんな怪しい格好がスタンダードに。
冗談でテロリストかって言われたことも。



そして次に閉口したのが「暑さ」!
6月くらいがインドだ、と話をしたとき、元職場の同僚、社会科の先生方から
「暑いよ?!」
って言われていました。
その時は
「まぁ、暑いっても何とかなるでしょ」
とタカをくくっていたのですが、
まじで、暑いです。

デリーの日中44度!
…と言ってもピンときませんね?

どんぐらい暑いかって、お風呂なら入れない熱さですよ?
熱湯風呂でダチョウ倶楽部の上島が転げまわるくらいの温度ですよ?
なぜ大気になら包まれていられるんでしょうね?
不思議で仕方ありません!

かよわい私は、転げまわることはしないものの、
数歩歩くだけで心臓がバクバクして、息が切れ、日陰でへたりこんでしまいました。

20130527_174346+1.jpg
まいっています

観光1ヶ所目のフマユーン廟でその有様だったので、
真剣にもうどこもインドを見る事はできないのではないかと覚悟したくらい。

でも人間て上手に出来てるもので、
エアコンの効いたマックでクールダウンしてからは見事復活!!
その後はアグラで48.5度をマークしても、
休憩は多くなるけど、動悸が走ることはなくなったのです。
適応能力、すごいわー。

ってか、マックすごいわー。
タイのオアシス、セブンに対し
デリーのオアシスはマック!!

インドはタイに比較してもエアコンが入ってるお店が格段に少なく
(時期によってはタイより暑いのに!)
周辺物価と比較したらかなり高いんだけど、確実な避難場所として重宝。
トイレとか洗面台もきれいだから、汗だらけ砂だらけな手を洗い、顔まで洗ったった!

この私の命を救ったマクドナルドでは、もひとつインドのオアシスとなる出会いがありました。
この子たちです。



17歳でお姉さんのニキータと9歳の弟のリケシュ。

混雑した店内でかろうじて空いていたのが二人の向かいの席。
私たちが座るやいなや、リケシュがそわそわし始め明らかに興味津々。
英語で話しかけてきました。
自分が知ってる日本のこと、将来何になりたいか、学校でどんなことを勉強しているのか…
お姉さんのニキータは私たちがこれからジャイプールに行くと言うと、おすすめのお店をいくつか教えてくれました。

私では満足に会話にならないので、ここはダンナさんの独断場。
楽しそうにおしゃべりしてました。
いいなー。

2人は(というかリケシュが)お父さんが「行くぞ」って言ってるのに「ここで待ってる!!」と言って
まだまだ話したいぞオーラをビシバシに出してくれてました。

暑っ苦しいインド人のしつこく強引でうっとおしい、困っちゃう一面ばかりに閉口してましたが、
面が違えば人懐っこくって好奇心旺盛で、人に興味ありまくりなんだなーってことを教えてくれた二人でした。
インドに来て、初めて警戒心を解いて人と接した時だったと思います。

ただ、私の年齢を聞いて、大声で「サーテイ スリー??!!」って叫んだのには閉口しましたが(笑)
ドアの警備のおっちゃんが爆笑してたし。
(マックとかそこそこのお店は入口にはドアマンよろしく警備員がいて、
誰でも入れる感じじゃない)
私は22~23歳、ダンナさんは28歳くらいに見えるって言ってました。
日本人って若く見えるって言うもんねー。

えり
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
27:管理人のみ閲覧できます by on 2013/06/11 at 19:49:01

このコメントは管理人のみ閲覧できます

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。