RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ヨルダン、たのしーっっ!!

ヨルダンは、あまり前情報のないままの入国でした。


ヨルダン国旗

アラブ諸国に行きたい!
イスラエルは絶対行く!
お隣のヨルダンから陸路で行ってる人がいっぱいいるぞ!
私たちが使ってるワンワールドの世界一周航空券にはロイヤル・ヨルダン航空が加盟しているぞ!
ヨルダンの治安は結構いいらしいぞ!

よし!ヨルダンにGo!

と、なったのです。
だから、死海で浮いて、まぁペトラには行って、イスラムの生活に触れられればいいかな、くらいしか考えてませんでした。

それが、こーんなに楽しくて思い出深い国になるとは…!!
もー、めっちゃ楽しくて!
やばーい!ヨルダン来てよかったー♪

その一番の大きな要因は、やっぱり「人」。
景色もごはんもいいんだけど、やっぱり「人」!

ひとつは現地の人。
親切で陽気で気さくでサービス精神が旺盛!
「Welcome to Jordan!」(「ヨルダン」では通じませんよー。「ジョー(ル)ダン」くらいの発音なのです)ってニコニコしながらいっぱい言ってくれて、ほんとに居心地が良かったのです。

市場をうろうろしてたら
「どこから来たー?」
「写真撮れー!」
「これ食ってみろー!」

もう、前後左右から次々声がかかる。
今までもガンガン声かけてこられて、「あー、うっさいっっ!」って思ってきてたのに、なぜかヨルダンはそれを感じさせない。

たぶん「売ってやろう」という声かけじゃないんだと思うんだよねー。
どっちかというと好奇心とサービス精神の方が強く、みんな「あわよくば売ってやろう」という感じを見せないので、
最初は警戒していた私たちも、徐々に乗っかって楽しめるように。

日本人だって言ったら、「カラテ!」と言って戦いを挑んできたり、
荷物を運ぶカートに友達を乗せて連れ去って、「お前のツレはあっちに行ったぞ」と言われたり、
こっち側に入って写真を撮っていけ、と場所をセッティングしてくれたり…


戦いを挑まれる!


野菜屋の兄ちゃんに売り場に連れ込まれる

おしゃべりして、写真撮って、握手して、「またねー!」って!
「買っていけ」って言われても「今はいいやー」っていうと「そうかー。またなー」って。

し・つ・こ・く・な・い!!!!!

こんな場所があったなんて!!
しつこくすすめられないだけで感動!

一番びっくりしたのは、スイカ屋の兄ちゃんがいきなり売り物のスイカをひと玉切ってくれたこと!
一緒に食べてハイタッチ!


右手には包丁、左手には売り物のスイカ(笑)


なぜかハイタッチ!

なんじゃ、そりゃー!!


フレンドリーさハンパない市場の兄ちゃん達の他にも、オレを撮れとポーズを決める少年に、


撮った後は必ず画面を確認

必ず肩を組んで写真を撮ろうとするおっちゃん、
超調子のいいタクシーの兄ちゃんと、明るくて楽しい人が多い!
(お分かりのように、全部男性です。イスラムの国だからね…。女の子ともお近づきになりたかったな…)


怪しかったタクシーの兄ちゃん。
単なるハイテンション兄ちゃんだった。


タクシーといえば一番のトラブル警戒対象な上おしゃべり、という
インドだったらクロ決定なドライバーだったので、
完全に警戒態勢で対応してたんだけど、
言った通りの値段でまっすぐ宿についてくれた、単なる陽気な兄ちゃんでした(^^;;

「ほんとにまっすぐ行ってるの?回り道してかせごうとしてるんじゃない?」
とか
「宿知らないくせに知ってるって言ってるんじゃないの?」
とか、疑ってごめんよ…
この2ヶ月ですっかりヨコシマな人間になってしまってたよ…

過度に疑わず、純粋に人の好意を受けることができる、そんなヨルダンが1日目で大好きになってしまいます。


もひとつ、ヨルダンを楽しくさせてくれた「人」が旅仲間です。
それまでも旅をしている人に会ってはいたのですが、このヨルダン以降、つながりが一気に増え、それに比例して楽しみも増えてきました!

デリーからの飛行機が一緒になった、かやちゃんにともみちゃん。


世界一周中の2人。
普段はそれぞれ1人でまわってるんだって!


4人で一緒にいたら、「ペトラまでのツアーに一緒に行きませんか?!」といきなりナンパしてきたしょーきち君と台湾人のジョー君。

6人でごはんを食べ、市場に行き、
しょーきち君、ジョー君とはその後2日一緒に行動をすることになります。
そしてヨルダン以降も何かと再会、合流することになります。

いつも2人で行動していた私たちにとって、他の人から受ける刺激はとても楽しくて、
旅の面白さを、旅してることの意味、日本に帰ってからのことを、
考え、気づかせてくれます。

やっぱり私は誰かと接してるのが好きで、
つながりが作れることが楽しみで、
しゃべることで自身の考えを形にしていってるんだよなー
って改めて思いました。

現地の人、旅してる人、いろんな人の関わりをもらいながら、
30半ばで日々新しい気持ちにさせてもらっています!

ありがとー♪

えり
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。