RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ヨルダンで日常生活

ペトラを堪能した私たち。
さぁ、次はどうしようか?

次の日、疲れた身体を引きずって朝から夫婦会議を開いた結果、
このままヨルダンを南下し、エジプトのダハブをめざすことになりました。

ダハブとはシナイ半島の東海岸にあるビーチリゾートで、世界一周旅行者では知らない人がいないくらい有名な町です。
(なぜかはダハブの回に!)

そのダハブにどう行くのがが問題でした。
カイロから往復するか…
でも単純往復はもったいない!
しかも今カイロの情勢がイマイチで、先が読めない。

しかも、基本エジプトはビザがいるんだけど(簡単に取れるけど)、
シナイ半島の東側だけならビザなしで15日間までOKらしい。

それらの理由からダハブにまず行き、
その後イスラエルに向かい、ヨルダンに戻る、
というルートにすることになりました。

そうと決まれば交通機関や宿の情報収集!

…の前に、腹ごしらえ♪

美味しく安いお店は地元の人に聞く!
これ、鉄則です!!

ヨルダンの人はここペトラに来ても相変わらず超フレンドリーで、
「ジャパーン!コニチハ!
ハジメマシテ!」
と言ってくれます。

コニチハ、はどこでも聞く日本語ですが、二言目に何がくるかは国によって多少違いがあり、おもしろい。

インドでは
「トーキョー?オーサカ?」が、
現在地トルコでは
「ゲンキデスカ?」が来ることが多いです。

ヨルダンは「ハジメマシテ」で握手。
お店を聞いたら英語まじりのアラビア語で丁寧に教えてくれます。

2人のおじちゃん、2人ともが「ここ!」と言ったケバブ屋さん。

ダンナさんは牛のミートボールのケバブサンド。
私はラムのシシケバブサンドを注文。



めちゃうまーい!!
肉も柔らかいし、漬け込んであるタレが絶品!!
レタスやタマネギなど野菜もたっぷりで、ほんまにめちゃくちゃおいしかったです!
私は食べきれなくてお持ち帰りするくらいで2JD、約280円。

ここは本当においしく、オススメです!
ワディ・ムーサのセンターサークルに面してる、赤い屋根のお店です。
トリップアドバイザーで高評価!なマークがついていますので、ぜひ!

焼いてたチキンを「おいしそーっ」ってガン見してたら味見させてくれた♪


おじちゃん、サンキュー♪

心もお腹も満足したら、お仕事しなきゃね。

ゲストハウスの玄関前のテラスには、ベドウィン風の布のテント屋根とカウチソファがあり、
風に当たりながらWi-Fiが使えます。

風に吹かれカウチソファに寝っ転び、調べ物。
ゼイタクな時間です。

砂漠地帯なため、暑そう!というイメージかもしれませんが、ヨルダンは標高の高い高原部分に町が多く、
気温は30度いかないくらい。
日差しが強いからペトラ散策とか砂漠探検とかは大変だけど、
日陰なら風もカラッとさわやかで、びっくりするくらい過ごしやすいです。
一方、夜はトレーナー着ないと寒いくらいになるほど。

この日は洗濯もジャブジャブしまくりました。
久々の外干し!

砂漠地帯の洗濯物の乾きの早さは驚異的!
第一弾を干し、第二弾を洗って持って行ったら薄手のシャツはもう乾いてる、という。

その間約15分。
外干しの日はあまりギューギューに絞らないのに!
(少々滴ってもいいから。
絞るのが1番しんどいんだもん。)

パリっと乾いた洗濯物は本当に気持ちがいい!
気分爽快です。

夜は旅友達とおしゃべり。
この日はシーシャ(水タバコ)を体験。


タバコ、初体験!

アラブ諸国はお酒がダメな分なのか、喫煙率が日本より高い気がします。
日本では見かけないシーシャはカフェみたいな所で注文してたしなむ人が多いようです。

上にタバコの葉と炭を置き火をつけ、長いパイプを吸うことで下の水を通った煙が吸える、
という仕組みになっています。
普通の紙タバコより煙たくなく、フルーツのフレーバーとかもあり、嫌いじゃありませんでした。
私は吸ってないけど。

水タバコはおろか、タバコ自体が人生初体験のしょーきち君がむせるのを見て大笑い。


洗濯をし、
あーでもないこーでもないとダンナさんと話し、
地元の人と話し、
子どもの写真を撮り、
地元のごはんを食べ、
風を感じ、
太陽が沈むのを見届け、
旅仲間と語らう。

特筆すべきことは何もしてない1日ですが、
こんな1日が大好きで、すごく大事です。
観光もいいけど、何気ない生活の中で感じることや小さな気付きが、
自分の中に大きく残っていってるな、と感じます。

旅行ではなくて旅であるということ。

それはこんな日常の中にこそあるんじゃないかな。
何もしてないような日こそが「旅」なのかもしれません。

最高にゼイタクですね。

えり

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。